9月9日に上陸した台風15号の爪痕


小動物コーナーの入り口付近で大木が倒れている

9月9日に関東に上陸した台風15号は、夢見ヶ崎動物公園へ大きな爪痕を残していきました。動物公園の公式facebookページによると、動物への被害はないようですが、園路は枝葉で埋め尽くされていました。小動物コーナーの入り口や、ハートマンヤマシマウマの運動場は倒木により景色が一変しています・・・。

さいわい加瀬山の会の人たちが翌日から清掃している

動物公園の敷地や草木の手入れをしているさいわい加瀬山の会さんが、動物園入り口のロータリーで清掃活動をしておられました。

事務所前も枝葉で埋め尽くされている

木の撤去作業はこれからのようですが、倒木がない場所でも、木の上の方の折れ枝が落ちてくる可能性もあるそうです。公式facebookページでも園内が危険な状態であることが呼びかけられています。撤去作業が落ち着くまでは来園を控えた方が良さそうです。