夢見ヶ崎動物公園における鳥インフルエンザ対策について


夢見ヶ崎動物公園における鳥インフルエンザ対策について

平成29年2月7日(火)、東京都足立区において死亡野鳥から鳥インフルエンザウイルスが確認されたことを受けまして、夢見ヶ崎動物公園において次のとおり対策を実施することとなりましたので、お知らせします。

対策の内容

  • 鳥類の展示休止等
    — フラミンゴ舎及びペンギン舎の展示休止
    — 鶏舎、キジ舎、クジャク舎等へのビニールシートの被覆
  • 来園者の靴底消毒
  • 進入車両のタイヤ消毒

実施時期

平成29年2月9日(木)から当分の間

来園者のみなさんへのお願い

飼育している鳥類への鳥インフルエンザ感染を防ぐため、来園時の靴底消毒への御協力と鳥類の展示休止について御理解と御協力をお願い申し上げます。