夢見ヶ崎動物公園をイメージしたラッピングバスがやってきました!


2017年11月29日(火)、川崎鶴見臨港バス株式会社の80周年記念として夢見ヶ先動物公園をイメージしたラッピングバスが慰霊塔前広場にやってきました。側面に動物たちが描かれているだけでなく、中も装飾されたラッピングバスです。運転席では子供達が代わる代わる記念撮影をして楽しんでいたのが印象的でした。


ラッピングバスのナンバープレートは東京オリンピック・パラリンピック特別仕様ナンバープレートになっており、「11-18」は川崎鶴見臨港バス株式会社の創立記念日である11月18日にちなんで採用されています。


車内はたくさんの動物のぬいぐるみたちがお出迎え!

このラッピングバスは幸区と中原区で1台だけ運行するようです。街で見かける日が楽しみですね。

関連情報

臨港バス創立80周年記念企画として新キャラクターをラッピングしたバス「創立80周年記念号」運行開始!11月18日(土)創立80周年記念式典・ラッピングバス撮影会を実施いたします。
http://www.keikyu.co.jp/company/news/2017/20171024HP_17151KK.html

タウンニュース(川崎区・幸区版)「臨港バスが80周年」
http://www.townnews.co.jp/0206/2017/11/24/408614.html