フンボルトペンギン

絶滅危惧レベル高い[VU]すごく高い[EN]絶滅寸前!?[CR]

フンボルトペンギン

英名 : Humboldt Penguin / 学名 : Spheniscus humboldti
分類 : 脊索動物門 > 鳥綱 > ペンギン目 > ペンギン科 > ケープペンギン属
レッドリスト(絶滅危惧レベル):Vulnerable (VU) – 「危急」(絶滅危惧II類)

原産地など

フンボルトペンギンは、南アメリカ大陸の西側、チリやペルーの海岸沿いに暮らしています。

ペンギンは寒い南極に棲んでいるとイメージする人が多いですが、実際に南極大陸で暮らしているのは、コウテイペンギンとアデリーペンギンの2種だけで、南極大陸付近の島に棲むペンギンも数種類だけです。

その他のペンギン10数種は、アフリカ南部、オーストラリア、ニュージーランド、南アメリカ、赤道直下であるガラパゴス諸島など、南極に比べて暖かい地方で暮らしています。

探してみよう!水禽舎にいる動物たち

ゆめみにいる絶滅危惧種

出典

川崎市ホームページ