ハートマンヤマシマウマ

ハートマンヤマシマウマ

学名

Equus zebra hartmannae

英名

Mountain Zebra

分類

奇蹄目 ウマ科

原産地など

南西アフリカの山岳地帯の草原に小さな群れをつくって棲んでいます。

サバンナに棲むシマウマに比べて耳が長く、縞模様は密で、首から尾にかけて背中の黒い正中線と体の縞がつながっています。また、首の下にウシ科の動物にみられる肉垂(にくすい)があるのがヤマシマウマの特徴です。

左上の写真はオスの「ビリー」、右上はメスの「ミドリ」、左下はビリーとミドリの息子の「アース」です。後ろ足の縞模様で区別ができます。

出典

川崎市ホームページ